Doorkeeper

Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」とは(Zenko Night #01)

2018-02-08(木)18:30 - 21:00

株式会社ブロードバンドタワー9階(2階でセキュリティカードをお配りします)

〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-6 日比谷パークフロント9F

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
ライトニングトーク(1人5分)でプレゼンしてくださった方には「Zenko Tシャツ」をプレゼント!

詳細

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。




Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」

Zenkoは、Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソースです。

例えば、以下のようなことができます。

Amazon S3対応アプリケーションに、一切の変更を行わずに、Azure Blobストレージをサポートすることができる。

Amazon S3対応アプリケーションにおける、データのバックアップやレプリケーションを簡単に実現できる。

Amazon S3対応アプリケーションを、オンプレミス環境でテストできる。

Zenkoの概要と、とハンズオン

今回のイベントでは、まずはZenkoについて説明し、簡単なハンズオンを行います。

(Zenkoの開発元であるScality社の方をお招きし、解説していただきます。)

ライトニングトーク、懇親会も!

ライトニングトーク(1人5分)がありますので、「すでにZenko試してみた!」といった方などいらっしゃれば、ぜひプレゼンをお願いします。
★プレゼンしていただいた方には、「Zenko Tシャツ」をプレゼントします!

なお、終了後簡単に懇親会(ビアバースト)もやります!

プログラム

18:00~18:30 受付

18:30~19:00 Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」とは

19:00~19:30 Zenkoハンズオン

★以下をご準備ください★
・ノートPCをご持参ください。
・オンプレミスからクラウドへのレプリケーションのハンズオンを行うため、「AWSのS3のバケット管理やアクセスが可能な権限を持ったアカウントあるいはユーザ」、あるいは「AzureのBLOBのコンテナ管理やアクセスが可能な権限を持ったアカウントあるいはユーザ」をご用意ください。
※ハンズオンで使用できるアカウントやユーザをお持ちでない方は、講師が今回のセミナー用にユーザを作成いたします。

19:30~20:00 ライトニングトーク

★プレゼンしていただいた方には、「Zenko Tシャツ」をプレゼントします!

20:00~21:00 ビアバースト

主催

Zenkoユーザー会(仮称)

(協力)
株式会社オープンソース活用研究所
マジセミ

※ご記載いただいた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・講演企業各社にて共有させていただきます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供いたしません。
〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

コミュニティについて

zenkoユーザー会(仮称)

zenkoユーザー会(仮称)

Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソース「Zenko」 Zenkoは、Amazon S3 APIでマルチクラウドのデータを一括管理するオープンソースです。 例えば、以下のようなことができます。 Amazon S3対応アプリケーションに、一切の変更を行わずに、Azure Blobストレージをサポートすることができる。 Amazon S3対応アプリケ...

メンバーになる